トップ

顔のエラ張りを改善

顔のエラ張りの原因とは

エラが張る3つの原因とは

顔が大きい、エラが張っているという悩みを抱えている方は少なくありません。
女性の場合だとエラが張っていることで顔が男性的な印象になってしまい、コンプレックスに思う人も多いようです。そもそも顔のエラが張ってしまう原因とは何でしょうか。

原因別の治療方法も合わせてご説明いたします。

・骨格によるエラ張り

輪郭を形成する骨が横に広がっていたり、奥行きが長くなっていたりすることでエラが張ってしまいます。骨格でのエラ張りにより、大きな顔に見えてしまうのが、原因の場合は、美容整形外科でエラ削りの手術を受けるという治療法が効果的です。

・咬筋の発達、コリによるエラ張り

咬筋とは頬から目の横にかけてついている筋肉で咬むことや歯を食いしばることによって鍛えられる筋肉です。

固い食べものをよく食べる方や歯軋りをする方、歯をぐっと食いしばる癖のある方はこの咬筋が発達しやすいといえます。

咬筋が発達したり、凝ったりすることで顔が横に広がったような印象になり、エラが張ってしまいます。

このタイプのエラ張りは削るのではなく、筋肉を緩める効果のある注射で治療することができます。またマッサージなどで咬筋のコリをほぐすことでも張りを目立たなくなります。

・骨格と体の歪み

頬杖をつく、片方ばかりで咬む癖がある方は、顔の骨格が歪み、エラ張りの原因となります。
また、猫背や片方の足に体重をかけて立つ、足を組む癖のある方は体全体の骨格が歪み、顎の下やエラの辺りの筋肉が使用されることにより、エラ張りの原因となります。

このタイプのエラ張りは、毎日のマッサージや姿勢をまっすぐ正すように、意識することで改善することが可能です。

エラ張りを効果的に治療するには、自分がどのようなタイプかを見極め、自分に合った改善方法を見つけることが大切です。